司法書士の仕事について

法務局の周りにはたくさんの司法書士事務所があるのをご存知ですか。便宜上、事務所を法務局の近くに構える司法書士がたくさんいるからです。それだけ法務局へ行く機会が多いということです。司法書士が法務局でする仕事と言えば、やはり登記や供託等の手続きですが、他にもたくさんの業務をこなしています。

そこで、司法書士の仕事についてみていきたいと思います。先程も挙げた登記手続きの代理というのは、司法書士の仕事のウェイトとして大きな割合を占めていると思われます。登記といっても様々な手続きがあります。大きなくくりとしては不動産登記、商業登記などが挙げられますが、その中で更に細かい登記が存在します。

建設業振興基金 |建設産業債務保証事業

不動産なら建物表題登記、建物滅失登記、抵当権設定・抹消、所有権移転登記です。商業登記は会社設定登記、役員変更登記、称号変更・目的変更登記などです。そして、相続に関する相談も多くあります。そこで司法書士は、遺言書の作成の手助けや遺産分割協議書の作成、相続登記、相続放棄等の手続きの代行を行います。つまり、生前に自分の身辺整理をしておきたい人、ご身内の方がお亡くなりになり、相続のことで揉めてしまっているなど、様々な相談や要望に応えながら適切な対処・手続きをするということです。債務整理の手続きも司法書士の重要な仕事の一つです。

仙台 任意売却

消費者金融への返済に過払いが生じた場合、請求額が140万円以下であれば認定司法書士が過払い金返還訴訟の代理人になることができます(簡易裁判所に限る)。また、借入金が140万円以下であれば、司法書士が任意整理手続き(返済額や返済方法を見直して、これまでよりも楽な返済ができるよう債権者と交渉する手続き)をすることができます。注意しなければいけないのは、複数の債権者に対して過払い金返還訴訟を起こす場合、全ての債権者への請求額の合計が140万円以下でなければなりません。

金銭消費貸借契約書カテゴリ から文書・書式を探す| フィデリ・ビジネス文書集

また、借金が多すぎてこれ以上返済を続けるのは不可能であるという結論に至った時、司法書士が破産申立の代理人になることはできません。債務整理については、弁護士の領域に少しだけ進出したといったところでしょうか。書類作成や手続き代行といったイメージの強い司法書士ですが、他にも労働問題、悪徳商法など日常の様々なトラブルについても、十分に法律のプロとして相談に応じることができます。困ったことがあったら、是非司法書士に相談してみましょう。