墓石は買ったけど墓地がない

近年になって目立つようになったお悩みに、「墓を立てる土地が無い」というものがあります。特に首都圏を中心に見られる悩みですが、中には「墓石は買ったけど墓地がない」というような、ある意味本末転倒なケースも見られ、土地が少ない日本特有の問題として徐々にクローズアップされるようになってきました。ここで詳しく内容を確認してみましょう。

宮城 墓石

まず、お墓を設置する土地の特性から考えてみましょう。この種類の建造物を立てるには、古くから「景色の良いところ」とか、「ある程度高さのある土地」であることが条件となってきました。また、この他にも、「ご先祖様代々の墓なら、ある程度は家から近いほうが良い」などの交通の利便性を気にする意見も確認されています。

兵庫大阪にある震災モニュメントのすべて

しかし、これらの条件を満たすことは、現代日本ではかなり難しい状況になってきています。理由は深刻な土地不足で、経済発展を果たし、更にここから発達しようとする現代社会は、これまであまり利用してこなかったような僻地であっても、積極的に利用するようになりました。もちろんこの中には、あまり従来なら墓地として利用されてきた土地も含まれており、このことが、墓地にする土地の深刻な不足を招いています。

広島県観光ホームページ/原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)

このように、お墓を立てる土地は、現代日本では供給が追い付かない状況となりつつあります。これを解決するため、いわゆる「自然葬」といった、あまり土地を使わない形式が考えられており、今後の展開が注目されています。